プログラミングの重要性

部署によるとは思いますが、IT業界においてプログラミングはとても大切なものです。それを知っているか知らないかで仕事の仕方も全然変わってくるからです。
仕事が出来る人間になりたいと思うのならば、プログラミングをしっかり学ぶ必要があるのです。

入社すれば教えてもらえるだろうと思って、入社前に何のプログラムも習得していなかったという人もいるかもしれません。
そういう人は就職してから焦ることになると思います。周りは皆しっかりとプログラミングを覚えているのに、自分だけがそれを知らないという時点で遅れを取ってしまうことになります。

そこからなんとか追いつこうと思って努力をするということになると思いますが、既に差が出来てしまっているので、その差を縮めるということも大変なことかもしれません。
部署によっては、プログラミングの知識が無くてもいいから自分が配属された部署においてはプログラミングの習得は必要ないと思い込んでいることもあるでしょう。

でも例えば営業などでお客さんのところに行った時に、お客さんの方がずっとプログラミングに詳しくて、対等に話しをすることも出来ないということもあるのです。そして仕事として成り立たないということになってしまう場合もあります。

営業職としてIT業界に入社したとしても、プログラミングの勉強はしておいた方が自分のためであり、会社のためでしょう。このような社員しかいないのか・・というように思われないように、自分のスキルアップを目指すようにしましょう。

Reply